head_img

認知・行動療法(Cognitive Behavior Therapy;CBT)

自分の「こころのマネージャー」になる方法

当施設におけるカウンセリングの主要となる方法です。

海外の研究でうつ病や不安障などに治療効果が認められ、日本においても保険適用による治療が認められています。

心理学的には人の行動・思考・感情は、遺伝的な素因のほか、おおむね学習による結果であると考えられています。

気分の落ち込み(うつ)や不安感、やるべきことを先送りにしてしまうことなども、過去の学習に由来する行動パターンや「思いこみ」によるものととらえられます。そこで、「学び直し」をすることで、いままでの不適切な行動・思考・感情のパターンを修正することができるようになります。

そのための効果的で具体的な「ツール(治療技法)」が多数考案されており、それらのツールをを効果的に用いることが改善につながります。

CBTは、自分の心の状態を客観的に把握し、効果が実証されている方法をもちいて自分で気分を改善していくためのセルフ・コントロール法であり、「治療」と言うよりは「学習」といえます。まさに、「自分で自分を科学する」姿勢が身につきます。

開始の際は方法、原理などを詳細にご説明していきます。基本的には標準的な治療手順に則って体系的に進めていきますが、もちろん、クライエントさんの変化、理解度、やりやすさなどを考慮しながら、協調して進めていきます。

効果の出方は様々で、問題にもよりますが、うつ病や不安障害などの標準的な方法では10数回のセッションで効果が見込めます。心理検査などを併用することで効果を確かめながら実施していきます。いわゆる「悩み」相談の場合は問題によっては数回で、場合によっては初回で解決して終了するケースもあります。その一方、より長期のセッションを要する場合もあります。

いずれにしましても、長期的な展望に立って、「その場しのぎ」から脱却することが返って問題の早期解決を可能にします。

認知行動療法は方法をマニュアル化することで、質の均一化をはかっていますが、セラピストの力量によって効果に差が出ることはあり得ます。一定の力量を備えたセラピストのセッションを受けることがクライエントさんにとっての利益につながります。

当所代表カウンセラーは精神科において行動療法を用いた集団治療(デイケア)を実践していましたので、行動的アプローチが患者さんの活動を活性化し、社会適応力が高まることを肌で実感してきました。

また、平成15年から日本行動療法学会に所属し、研鑽を重ねるとともに、日本の認知行動療法における草分け的存在である故・松原秀樹先生(元・九州大学医学部心療内科心理士、元日本赤十字広島看護大学教授、西日本メンタルヘルスセンター総合相談室室長)に師事し、およそ10年間で個人カウンセリング事例について100例以上の症例のスーパーバイズを受けてきました。現在も学会での研究発表や研修への参加を通じて、さらに磨きをかけています。

現在、幣所では従来の認知行動療法に加え「第三世代」と呼ばれる新たな認知行動療法(ACT、マインドフルネス)を導入し、クライエントさんの意思(方向性)を尊重し、クライエントさんの力を最大限に生かすことで、認知行動療法をより効果的に実施すべく鋭意努力しています。

認知行動療法の技法

「技法」について説明していますが、概要を簡略化して説明してあるだけです。専門家の見立てと指導の元で行うことで効果が期待できます。

第一世代の認知行動療法

第二世代の認知行動療法

第三世代の認知行動療法

認知行動療法の特色

認知行動療法の特色

認知行動療法の進め方

認知行動療法の進め方 認知行動療法の流れ認知行動療法のアセスメント 認知行動療法の技法認知行動療法の実践

この後、効果の検証を行い、それによってアセスメントや方法について再検討することもあります。 実際には、各スライド間には、ご説明を省いているプロセスもありますので、全くこの通りというわけではありません。

Indexへ | 次は、ストレスマネジメント


こちらもお読みください「カウンセリングとは」

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。

ページトップに戻る