失敗を受容して成長するたった一つの心得

こんにちは。カウンセラーの小村です。最近,新しい趣味を見つけました。山歩き+αで,「石」を探すことです。運が良ければ水晶が見つかることも。

それと,きれいな景色を写真や動画に収めることです。楽しかった思い出を持ち帰ると,リフレッシュ効果がより持続しそうです。

カウンセリングもどうぞお気軽にご利用ください。

いつも,「できていない」と思っていませんか?

仕事が忙しいとついがんばりすぎてしまい,疲れをため込んで不調をきたす例は少なくありません。

特にメンタル面で不調をきたしやすい特徴の一つに,「できていないことに焦点化する」という思考のパターンがあります。

8割方できていても,その8割の中に1分の失敗なり誤りを見つけるとそれを拡大視し,できている8割分さえできていない,というふうに考えてしまうのです。

失敗の拡大視

できていることも多いのに,できていないことをやたらと広げてしまい,「私は何もできていない,だから自分はダメ人間だ」などと極端に考えてしまう「認知のゆがみ」です。

いわゆる完璧主義のパターンです。完璧であろうとする態度そのものはいいのでしょうけど,失敗や叱責を恐れるあまり,かえって活動性が落ちたり,がんばりすぎが空回りしたり,といった弊害が生まれることもあり,それがメンタル面の不調につながりやすくなります。

完璧主義の人は「完璧であらねばならない」という偏った信念(思い込み)にとらわれ,さらに「完璧でない私はダメな人間だ」と考えを深めやすいのです。

つまり,いつも自分にダメ出しをし続けているのですね。

こうした方は,周りがいくらほめてくれてもなかなか自分を受け入れられず,自信を失いやすいのです。

完璧主義から離脱するには

もちろん,ミスそのものはないのに越したことはありませんので,失敗を検証し,反省する態度は大切ですよね。

そのためには失敗,または失敗した自分を受け入れる,という柔軟な態度が必要になってきます。失敗を受容できる態度はとても謙虚で前向きな態度と言えます。

そのためには,少し合理的に考える必要があります。

信念(思い込み)は概して不合理なものなのです。

それを解決するためには,次のように,

「人は失敗(ミス)する」
「私は人である」
「だから私もミスをする」

という三段論法を受け入れ,考え方のバランスが取れたらどうでしょうか。

「失敗する私」を受容する

完璧ではなく失敗する私」という認識を持ち,失敗を真摯に正面から見つめて受け入れる,という姿勢の方が,メンタル面でも楽になり,仕事上の成長にもつながるかもしれません。

失敗を受け入れる,ということは,失敗をしてもいいと思えることです。

全ての人が失敗をする,ということは,

人には,失敗をする権利がある,ということです。

そう考えると,何事にも,不安を減らしてかかわっていけるのではないでしょうか。

今日もお読みいただきありがとうございました。

シェアする

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちらまで

 TEL. 082-879-0170
(お電話の場合,「はい,小村です。」と個人名で出ますのでご了承ください。

メール・ネットご利用はこちらから

  お問い合わせフォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
  ご予約フォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
 RESERVA予約システム(SSL暗号化技術に対応しています。)

RESERVA予約システムから予約する

上の予約ボタンをクリックしますと、予約受付システムが開きます。空き状況が確認できますので、都合のよい日時を選択して速やかな予約ができます。どうぞご利用ください。