系統的脱感作療法

系統的脱感作療法

苦手なものを少しづつ克服していく方法

イメージによって行うイメージ脱感作と現実場面において行う現実脱感作がある。もちろん、現実脱感作の方がクライエントに与える負担は大きくなる。

方法

1.不安階層表の作成
不安のレベルを0~100の間で設定し、一定の間隔ごとに不安や恐怖を感じる状況を整理していく。

2.低い位置から逆制止を行う。
◎ 逆制止の手続き
※ 逆制止の際に、拮抗反応としてリラクセーション反応を用いる。そのため、事前に何らかのリラクセーション法を習得しておくこと必要。呼吸法や筋弛緩法、自律訓練法などが用いられることが多い。

※イメージ脱感作の方法です
1) まず、リラクセーション法を行い、心身をリラックスさせる。
2) 次に、不安階層表のレベルの低い位置にある不安状況を選ぶ。
3) その状況を頭の中にできるだけ具体的にイメージする。
4) 不快な感情、身体的反応が起こっていることを確認する(0~100で評価)。
5) リラクセーション法を、反応が0になるまで行う。
6) 3)に戻り、同じ手続きを繰り返す。
7) 3)を行っても、不快な感情や身体的反応が起こらなくなるまで行う。
8) 次の状況についても同様に行う。

このように、系統的脱感作療法では、負担の小さいところから初め、徐々に負荷の大きい状況を順次逆制止によって克服していく手続きをとる。最終的に100の状況を克服することができてもそれはイメージ上のことなので、実際にどの程度までできるのか、現実的な状況の中で確認していく。必要であれば、さらにイメージ脱感作を加療する。

シェアする

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちらまで

 TEL. 082-879-0170
(お電話の場合,「はい,小村です。」と個人名で出ますのでご了承ください。

メール・ネットご利用はこちらから

  お問い合わせフォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
  ご予約フォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
 RESERVA予約システム(SSL暗号化技術に対応しています。)

RESERVA予約システムから予約する

上の予約ボタンをクリックしますと、予約受付システムが開きます。空き状況が確認できますので、都合のよい日時を選択して速やかな予約ができます。どうぞご利用ください。