head_img
HOME > こころの問題あれこれIndex > 中・高年の悩み(人生の正午)

中・高年(ベテラン)の悩み(人生の正午)

人生の正午とは心理学者のユングの言葉ですが、人生の折り返し地点である40~50代の中高年の世代のことを指します。
 
この世代は職場では中堅・ベテランの重要な位置にあり、中間管理職として仕事をしながら後進を指導・育成するなどの負荷が大きくなっているとともに、家庭では子どもが成長して子どもとの葛藤や住宅ローンなどの経済的な問題などを抱え、公私共にストレスが重なるいわゆる多重ストレス問題にさらされています。
 
それでも気力・体力に恵まれていれば、それまでの経験の蓄積によって、エネルギッシュにこなしていける世代でもあります。
 
ところが、病を発症したり、家族に問題が起こったり、仕事の環境の変化など、なにか一部が大きく変化することで容易に崩れが生じてしまうこともあります。
 
ある意味、これまでの人生を問い直し、来るべき老年期に向かっての総括をする、人生の転換点ともいえる時期でもあります。
 
ここに生じるのが、「人生の価値」をどこに置くのか、という重い選択です。
 
今までの人生、そしてこれからのことを総括し、人生の価値を明確化しつつ、次の目標をどこかに設定することで、、進むべき道筋の見通しがつき、ご自分の新たな枠組みが決まります。
 
この重要なセルフ・マネジメント、「人生のマネジメント」を応援させていただきたいと思います。

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。

ページトップに戻る