ハラスメント

ハラスメント

パワハラやセクハラ、モラハラなど、今では多くのハラスメントが認知されつつあります。

職場では、ハラスメントが原因でうつを発症する例などもあり、メンタルヘルス上の社会的問題の一つです。

ただ、ハラスメントは、被害者と加害者の間の認識のずれが大きく、主観が入りやすいため、問題が複雑化することも少なくありません。

状況をなるべく正確に把握し、適切な対処を取っていくことが必要となります。

個人での解決が困難な場合もあり、そうしたときには組織的・法的な対応も視野に入れながら、自分の身を守る、という視点での対応が求められます。

また、ハラスメントの被害者となる場合もあれば、知らず知らずのうちに加害者になっていることもありえます。

そうしたときにも、自分を振り返り、同じ失敗を繰り返さないよう、セルフ・マネジメントをしていくことが解決の鍵になります。

 

もっとも,被害を受けている時は,それと気づかないことも多いものです。対象は上司だけではありません。職場での対人関係つよい圧力を感じる場合は,第三者に相談することで,自分の状況を客観視し,問題に気づけることがあります。

そして,ハラスメントを受けていることに気づいたら,即座に自分を守る行動を始めましょう。

 

ハラスメントは,絶対に我慢してはいけません。

メンタルヘルス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小村 緩岳をフォローする
心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所