ハラスメント

ハラスメント

パワハラやセクハラ、モラハラなど、今では多くのハラスメントが認知されつつあります。

職場では、ハラスメントが原因でうつを発症する例などもあり、メンタルヘルス上の社会的問題の一つです。

ただ、ハラスメントは、被害者と加害者の間の認識のずれが大きく、主観が入りやすいため、問題が複雑化することも少なくありません。

状況をなるべく正確に把握し、適切な対処を取っていくことが必要となります。

個人での解決が困難な場合もあり、そうしたときには組織的・法的な対応も視野に入れながら、自分の身を守る、という視点での対応が求められます。

また、ハラスメントの被害者となる場合もあれば、知らず知らずのうちに加害者になっていることもありえます。

そうしたときにも、自分を振り返り、同じ失敗を繰り返さないよう、セルフ・マネジメントをしていくことが解決の鍵になります。

もっとも,被害を受けている時は,それと気づかないことも多いものです。対象は上司だけではありません。職場での対人関係つよい圧力を感じる場合は,第三者に相談することで,自分の状況を客観視し,問題に気づけることがあります。

そして,ハラスメントを受けていることに気づいたら,即座に自分を守る行動を始めましょう。

ハラスメントは,絶対に我慢してはいけません。

お読みいただきありがとうございました。

シェアする

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちらまで

 TEL. 082-879-0170
(お電話の場合,「はい,小村です。」と個人名で出ますのでご了承ください。

メール・ネットご利用はこちらから

  お問い合わせフォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
 RESERVA予約システム(SSL暗号化技術に対応しています。)

RESERVA予約システムから予約する

上の予約ボタンをクリックしますと、予約受付システムが開きます。空き状況が確認できますので、都合のよい日時を選択して速やかな予約ができます。どうぞご利用ください。