双極性障害

双極性障害

うつと躁(ハイテンション)が繰り返される状態です。うつのときはうつ病と変わりませんが、それがある時点を境にハイテンションに移行し、過度な元気状態になります。

元気なのはいいのですが,何でもできるような自信にあふれ,言葉や行動が誇大なものになりがちで,休むことなく動き続けるようになります。周囲が休むことを進めたり,たしなめても逆に怒りを向けることもあり,行動がコントロールできなくなっていきます。

それが行き過ぎてしまうと、お金の浪費や性的逸脱など、正常な判断力が失われる衝動的な行動となり、生活が行き詰まることも。それをきっかけに今度は強いうつ状態に陥ることもあります。そこまでの状態になると,医療機関での入院・服薬治療が必要になります。

また、上記のような激しい躁ではなくても、軽い躁状態が続くことで仕事を頑張りすぎてしまったり,遊びすぎてしまったりといった、「~しすぎ状態」に陥り、それが疲労につながってある時を境に気分が降下し,うつになってしまう、というようなことが繰り返されることもあります。

軽い躁とうつの繰り返しの場合,なかなかそれに気づけないこともあり,ハイテンションと落ち込みが交互に訪れるつらい状態が長期にわたって続いてしまうこともあります。

そのような軽い躁状態でも、やはり服薬によってコントロールしつつ,そのうえで,生活習慣や仕事の仕方、人間関係などを心理的・行動的な面からケアしていくことで、セルフ・マネジメントを習慣化することが大切です。

こころの不調
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小村 緩岳をフォローする
心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所