head_img

人間関係

人間関係は難しいものです。よくない人間関係の問題はストレス要因としてとても大きいもので、メンタルヘルスを害する要因であるとともに、人間関係しだいで仕事の量や質が影響を受けることも知られています。
 
ただ、人間関係そのものは、ハラスメントのような関係性の中のパワーバランスの濫用がないのであれば、改善していく方策は取れる可能性が高いです。
 
個人的な要因として捉えれば、人間関係がうまくいかずストレス、というときには、たいていの場合、人とのコミュニケーションのとり方があまり上手ではない、得意ではない、という「スキル」上の問題が含まれることが多いです。
 
それは、スキルトレーニングによって克服することが出来ますし、トレーニングまでしなくても、心がけや心構えをすこし変えてみるだけで、「楽」になる場合もあります。
 
また、人とのかかわりを持つときに、相対的に自分を卑下して考えてしまうような、自己否定感や自己犠牲的な考えがあると、人間関係はとても大きなストレスになります。
 
そうしたときは、認知行動療法によるセルフ・マネジメントが効果的です。自分に対して肯定的に捉えて、自分も相手も大切に出来るような考えと振る舞いを身につけていくことで、人間関係を楽にしていくことが出来ます。

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。

ページトップに戻る