head_img
HOME > ご利用のご案内 > 医療機関を受診中の方へ

医療機関を受診中の方へ

社会復帰を目指した回復のために


現在すでに病院で治療をされている方も多くおられると思います。ご心労、お悩みのこととお察し申し上げます。

多くの方が信頼できる医師や医療関係者との出会いがあり、回復を目指して治療中のことと思います。

当施設では、そうした方々に対して、回復を後押しするためのカウンセリングを実施しています。医療機関ではまだ時間をしっかり取ってカウンセリングを受けることができるところが少なく、うつや不安には認知行動療法が効果的との実証があっても、必要な方へ十分サービスが届けられていない現状があります。

十分な力量を備えたカウンセラーが担当しても、職場環境の実際のところや、休職中の方の復職の実際についての現状への理解が乏しい場合も多くみられ、医療現場と社会をつなぐという点での支援に手が届いていないということも、現場サイドとしては経験するところです。

小村は臨床心理士として医療機関での実務経験があり、かつ企業や学校の現場経験も豊富ですので、病院での服薬や医師による診察を考慮したうえで、クライエント様の状況を心理社会的な観点から幅広く考慮して、医療と社会をつなぐ(ソーシャルワーク的)視点をもってカウンセリング・認知行動療法を実施することができます。
受診中の方におかれましては、症状からの回復とともに、社会復帰、社会参加のためにも、心理学的なカウンセリングを医療機関と併用され、一刻も早いご回復をされることをお祈りしております。

自己肯定感を増やしてうつを克服する方法

医療機関で服薬治療を受けておられる方へのお願い

服薬は医師の指示通りに行うことで症状の改善が見込める有効な治療法ですので、くれぐれもご自分の判断での服薬の中断をなさらないよう、お願いいたします。また、服薬していても症状の改善が見られないと思われた場合でも、自己判断での断薬はなさらず、必ず医師にご相談ください。
その際、ご自分の生活状況や症状の変化、仕事の状況などをできるだけ具体的にお伝えください。

その上で、症状の背景にある心理的な悩み、環境的な問題といった心理社会的な要因について取り組みたいとご希望される方は、医師とご相談のうえ、カウンセリング(認知行動療法)をお試しください。

認知行動療法は、服薬と併用して実施することで、症状のコントロールとともに、治療効果の持続、服薬の終了後も再発の予防などに効果が認められています。

医療機関での医学的な治療と合わせ、心理学によるセルフ・マネジメントの方法によってご自身の内省を深め、問題解決力をつけることで、薬に頼らない生活ができるよう、経験豊富な臨床心理士がお手伝いいたします。

自己肯定感を増やしてうつを克服する方法

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。

新規ご予約受付中。
完全予約制となっておりますが、空きがあれば当日でも可能です。

下の予約ボタンをクリックしていただきますと、日時ご指定の上でウェブ上でのご予約が可能です。どうぞご利用ください。(クリックのみでは予約にはなりません。空き日時のご確認などにもご利用ください。)

RESERVA予約システムから予約する

ページトップに戻る