昼間の眠気

昼食を食べ、少し休憩してさあ!午後の仕事に取りかかろうかと思うと、

猛烈な眠気が襲ってくることがあります。

本当に"猛烈"です。

まさか、ナルコレプシー?と思ったり。

さすがにそれほどではないですが、身体もだるくなり、仕事どころではなくなります。

人の体内時計のリズムから言えば、お昼頃に眠気がくること自体は「正常」なことですが、

あまりにも眠いとさすがに辛いです。

過去の記事にも書いていますが、そういう時は、先手を打って短時間の「昼寝(シエスタ)」をとってしまえばよいです。

そうすると、スッキリ! 頭もさえ、仕事がはかどります。

お昼の3時頃には「おやつ」を食べてエネルギー補給。

いわゆる小休止を頻繁にとって、「疲れる前」に、対処した方が、結局生産性も上がると聞いたこともあります。

私の田舎(島根)では、小休止のことを「たばこ」と言っていましたが(なぜか、東北や山陰の方ではそういうようです)、本当に喫煙するかどうかはさておき、このせわしない昨今、「たばこ」の習慣にも注目したいですね。