「ちょっと」良いこと探し

日常生活をしていると、

ちょっとしたイライラ事に出くわします。

例えば、道路の渋滞、順番待ち、夫婦げんか、子どもが言うことを聞かない、職場でのいざこざなど・・・。こうした日常でのいらだち事をストレス学では「デイリーハッスル」と呼びます。

逆に、日常の中で、ちょっとしたよい出来事に出くわすこともあります。

例えば、いつも込んでいる現金自動支払機が空いていた、職場での仕事をほめられた、子どもの成長を目の当たりにしたなど・・・。

こうした日常でのちょっとしたよい出来事を「デイリーアップリフツ」と呼びます。

デイリーハッスルはエネルギーのロスにつながり、デイリーアップリフツはエネルギーの充電につながります。

デイリーハッスルはたくさん挙げられると思いますが、デイリーアップリフツは挙げようと思っても意外と出てこないものです。

人はどうしても、うまくいかなかったこと、ネガティブなことに注意が向きがちになるようです。

だから、デイリーアップリフツは意識して、「考える」必要があります。

この両者のバランスがうまく取れていることが、ストレスのコントロールがうまくいく秘訣。

さあ、皆さんはどのくらい挙げることができるでしょうか?

毎日、ご自分の日常の中でのデイリーアップリフツを探してみませんか?