小村 緩岳

こころの不調

限局性恐怖症

特定のものへの恐怖症  ○○恐怖症といわれるような、何か特定の対象への著しい不安や恐怖は行動療法・認知行動療法によって症状の軽減が見込めます。恐怖症はその対象から避けることでますます悪化します。その恐怖の対象から逃れたまま...
2020.12.30
メンタルヘルス

中・高年の悩み

中・高年(ベテラン)の悩み(人生の正午) 人生の正午とは心理学者のユングの言葉ですが、人生の折り返し地点である40~50代の中高年の世代のことを指します。 また,レヴィンソンという学者は,「人生の四季」という言葉で,人生の折り返しの...
2020.12.30
人間関係

人間関係

人間関係 人間関係は難しいものです。よくない人間関係の問題はストレス要因としてとても大きいもので、メンタルヘルスを害する要因であるとともに、人間関係しだいで仕事の量や質が影響を受けることも知られています。 著しく人づきあいが苦手で,...
2020.12.30
認知行動療法

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)

ソーシャル・スキル・トレーニング(Social Skills Training;SST) SSTの定義 ①:「対人的状況において、自分の目的を達成し、相手から期待した反応を引き出すような効果的な行動を、指導者の援助のもとに、...
2020.12.30
認知行動療法

暴露反応妨害法

暴露反応妨害法(エクスポージャー) 苦手なものを一気に克服していく方法。主にパニック障害など、身体的不快感によって著しい恐怖や不安を感じ、その場や対象に接近することを避け、そのため対象に対しての不安が予期的なものになっている場合に有効。 ...
2020.12.30
カウンセリング

健康カウンセリング

健康カウンセリング 困りごとの予防のために~健康を保つには 心や生活に何らかの問題を抱えておられる方~治療の補完・促進(二次予防) うつ病や不安障害で通院中で、並行してカウンセリングや心理療法による...
2020.12.30
メンタルヘルス

職場のメンタルヘルス

職場のメンタルヘルスとカウンセリング カウンセリングの重要性 多くの方は、メンタル不調になっても、しばらく休養することで病は軽快し、復職することができますが、一方で環境次第で再発する可能性もかなり高く、再び休職が必要になる方も見られ...
2020.12.31
メンタルヘルス

ワークライフ・バランス

家庭と仕事の両立 ワーク・ライフ・バランスは仕事と家庭生活をうまく両立させ,仕事と家庭の間に起こりがちな葛藤を解消して,幸福度の高い生活を維持することの大切さを表す言葉です。 仕事をバリバリやることの重要性は否定できませんが,時間には限り...
2020.12.31
メンタルヘルス

休職・復職の問題

休業・休職・復職 メンタルヘルス不調などで休職・休業を余儀なくされる時もあります。様々な事情がありますので,やむを得ないこととして受け入れ,罪悪感などを抱くことなくしっかりと心身を休めて十分に回復を図り、復帰を目指しましょう。 休業・...
2020.12.31
人間関係

夫婦の問題

夫婦の問題(DV、セックスレスなど) 夫婦間には様々な問題が生じます。 単に仲が悪くなったり、子どもの育て方についての意見が対立したり、そもそも価値観があわないなど、よく言う「性格の不一致」という形で、葛藤を抱えているご夫婦は多いのではな...
2020.12.31
スポンサーリンク