解決のコツ~上手くいかないときは何か別のことをしましょう

こんにちは。

広島のカウンセリング・ルーム

広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette

臨床心理士の小村緩岳です。

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

問題に悩むとき、その解決法としてある方法を思いつきます。

それがうまくいけばいいのですが、うまくいかないのにそれを何度もくりかえすこともあります。

Aという解決法は、どこまで掘り下げてもAでしかない、ということです。

 

ただ、そこを掘り続けていると、いつかは答えが見つかるのではないか、そんな思いにとらわれて、結局いつも同じことのくりかえし。

 

そして、やがて、そこに答えはないことに気づいて、Bを掘りはじめます。

 

そこに答えが埋まっているかどうかは分かりませんが、少なくとも可能性は広がります。

 

そこで答えが得られなければ、さらに、C、Dと掘る地点を変えなければならないかもしれません。

 

それでも見つからなければ…

 

そもそも、「掘る」という「方法」がまちがっているのかもしれませんし、その「土壌」に答えは埋まっていないのかもしれません。

 

どうしても答えが見つからない、同じことを何度もくりかえしているのに結果が出ない、

 

というときは、

 

「何か別のことをしてみる」ことが大切です。

 

少し発想を変え、視点を変え、質的な変化を作ることを試みましょう。

 

 

Q:「不安をなくそうと努力しているのですが、うまくいきません。

どうしたらいいですか?」

A:「不安をなくそうとしないで、不安を感じまくることです。」

 

「不安」を感じるのはこころです。

こころはいつもあなたと一緒なので、逃げようとしても逃げ切れるものではないのです。

 

「よき同居人」として、なかよく付きあうことで、不安はあなたを向上させる

エネルギーになるでしょう。

 

さあ、ご自分の「呼吸」に注意を払ってみましょう。

吸う事・吐く事に意識を向け、それに伴う体の動きを

ただ、感じるようにしましょう。

 

「明日も、あなたを大切に。」

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたのお宝が見つかりますように。

 

がんばってやっていることが空回りしていると、だんだん自分に自信が持てなくなってきます。

上手くギアを噛み合わせるには、状況と行動を客観視することです。

そのためには、「相談」に勝るものはないと思います。

■ 当所の詳細はこちら。 ■

  ↓ ↓ ↓ ↓

 広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette