カウンセリングを受けるなら~問題より困り感

こんにちは。

臨床心理士の小村緩岳です。


ときどき言われるのですが、

「こんな問題でもいいんですか?」とか

「私の相談でも受けてもらえるのですか?」


というご質問がよくあります。


そうしたご相談を詳しくお聴きしてみると、

決してたやすい問題ではなかったりします。


ここは個人差もあるところでしょうけど、

自分の問題をずいぶん割り引いて考える方と、

割増しで考える方がおられます。


上記の質問は、「割引型」の方ですね。


そうした時には、次のようにお答えしています。


「問題には大きいも小さいもないですよ。

あなたがご相談になりたいとお思いなら、

それは十分大きいのかもしれませんね。」


問題を大きいと思うか小さいと思うかは、

それがあることによる「困り感」の問題であって、

問題「そのもの」の大きさが問題ではない、

ということです。


たとえ問題として小さいと評価できるものでも、

困り感として大きく膨らめば、

それは「大きい問題」と言えるでしょう。


カウンセリングは「問題」をどうにかするより、

「困り感」を解消することを大切にしています。

それは、ものごとのとらえかただったり、

感情のコントロールだったり、

具体的な行動・ふるまいの仕方だったりするかもしれません。


人より「私」をコントロールする方法を知ることで、

困り感を弱めることができます。


言い方を返れば、

どんなに問題が大きくても、

困り感がなければ、カウンセリングは不要です。

(お役にたてません)


困り感が大きいときには、遠慮なく、カウンセリングを

利用しましょう。


「明日も、あなたを大切に。」

今日もお読みいただきありがとうございました。

あなたのお宝を見つけましょう


○困りごとについて話したい方は

  ↓ ↓ ↓ ↓

 広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette

(無料メール相談も実施中)

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 広島ブログ
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー 心理 うつ 不安 メンタルヘルス 

シェアする

フォローする