head_img
HOME > 効果的なうつの克服法

解決のために、まず何をしますか?

1.「悩みのリサイズ」をします

当所ではまず、お話を丁寧に伺い、その悪循環を明確にして、どのように「イノシシが巨大化」しているのか分析します。

そして、イノシシをもとのサイズに戻す悩みの「リサイズ」をして、過剰に膨らんだ悩みを「適切なサイズ」にもどすことにまず取り組みます。

「悩みのリサイズ」とは、問題そのものの大きさを合理的に査定しなおすことと、あなたの相対的に小さくなっている大きさを、元のサイズに戻すことの両面から行います。

問題が大きくなったように思えると、あなた自身が小さくなったように思えます。でもそれは、ただの「錯覚」なのです。

悩みのリサイズによって今まで「無理」と思っていた問題(巨大なイノシシ)を、太刀打ちできるプチ・サイズにすると同時に、あなたのサイズをもとに戻しましょう。

「何に困っていますか?」
「今までどうやってきましたか?」
「これからどうしたいのですか?」
「そのために何ができますか?」

…「リサイズ」することで明確に整理でき、悩み方が変わります。

「そうだったのか!」
「そうすればいいのか!」
「それだけのことなの?」

「目からウロコ」のごとく、問題の大きさが「対処可能」プチ・レベルになり、「今」やるべきことが明確になります。

解決の本質

『神様、私に、変えることができないものを受け入れる平穏を、変えることができるものを変える勇気を、そしてその違いを知るための英知を与えてください。 ― ラインホルド・ニーバー ―』

大切なのは、「解決できることとできない事を区別し、出来ないことは受け入れ、できることを変える勇気を持つこと、そしてその両者を区別できる「知恵」を持つこと。」なのでしょう。

2.「自己肯定的な行動」を育みます

基本的に、「悩み」のもとになるものを消したり、見えないようにする、ということにはこだわりません。むしろ、それがある状態でいながら、「喜び」や「楽しみ」「満足感」「充実感」を積極的に求める態度を作っていきます。

バランス思考

全くポジティブな状態というのはあり得ないのではないでしょうか。といって、全く否定できるものでもないはずです。その両者のバランスをとることを目指します。一病息災とも言いますが、少し気になることがある方が、むしろ健康を維持するために役立つとも言えますよね。

ポジティブとネガティブは両立できるということです。むしろ、ネガティブを消そうとする試みは、徒労に終わるばかりか、問題の堂々巡りとなることもあります。ポジティブをどう増やしていくか、そこを考える方が、より速やかに解決が近づいてくるものなのです。

なぜなら、ネガティブをなくすためにやる行為は、いくらやっても達成感も得られず、自信もつきません。不安に駆られて、ネガティブを減らすように行う行為は、実は衝動的な一時しのぎになっていることが多いのです。したがって、その行為が終われば、再びネガティブが戻って来て、再び、あなたを苦しめるのです。

あなたは、自分で能動的に行動をコントロールする意識をあえて持ちましょう。つまり、ネガティブを避けるという目的ではなく、ポジティブを得るための行為であることが大切です。

不安バケツと喜びバケツ
不安バケツがいっぱいだと、何とかしたくなります
不安バケツと楽しみバケツ
楽しみごとをすることで不安バケツが空になると、楽になりますが、
不安バケツと喜びバケツ
楽しみごとが終わると、不安はまた帰ってきます。
不安バケツと楽しみバケツ
不安はあっても、楽しみごとを「満たす」と考えてみます。

当所のカウンセリング「マインドフルネス認知行動療法」はそのための「知恵」にあふれた心理カウンセリングです。

次のページは…あなたが目指せる「解決」とは?

|  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。


ページトップに戻る