head_img
HOME > 効果的なうつの克服法

認知行動療法を『困りごと』解決に用いる理由

「こころの仕組み」を心理学によって科学的に理解して、合理的な解決方法を用いるから

問題を長引かせる『堂々巡り(悪循環)』

ストレスが持続したり、高じて病に至るプロセスには、ストレスへの対処が非合理的になっていることがよく見られます。

そのつもりはなくても、ストレスを避けたり、無理に遠ざけようとしてしまい、それがストレスを「飼って」しまっていることがあります。

ある意味、ストレスは放っておくと大きく育ってしまう「生き物」のようなものです。

堂々巡り(悪循環)を解消する仕組み

一時的にはしんどくても、ストレスと向き合い、積極的で合理的な対処法を取ることで、むしろ速やかにストレスを遠ざけることができる可能性があります。それが、「ストレス」を「飼わない」ためのコツです。

このことはいろいろな状況に対していえることで、ストレスが多いjとお悩みの方は、もしかしたら、ストレスを飼うクセがあるのかもしれませんね。

こうした考えに従った方法で、抑うつ気分はかなり改善します。ただ、うつの軽快にはまだ至らない場合、「本質的な悩み」となるトラウマ(過去の不快な経験による思い込み)の問題が見え隠れしてきます。

うつが長引く本質的な理由とは?

たいてい、何らかの「不快な過去経験(トラウマ)」による強い自己否定の問題があります

お気づきですか?

うつの原因、うつの「維持要因」である「人間関係が苦手」「自己否定的な行動パターン」の本質は、「トラウマ」に端を発するものだということを。

人付き合いや対人関係の際の「自己否定感」や「奥手なところ」は、大抵の場合、過去に経験した不快な体験がもとになっています。

そのトラウマが、今のあなたの性格的な特徴の一つである自己否定感や奥手なところに常に「栄養」を送っているのです。

その栄養を「断つ」ことで、徐々にトラウマを縮小して、「性格」をマネジメントできるようになります。

トラウマは、過去に実際に経験した過酷な体験であり、否定することはできません。ただ、あくまで、それは今においては「記憶の1ページ」なのです。

その記憶に支配され、振り廻され、「自己否定的に」動かされているとしたら…?

思い当たることがありませんか?

小さい時の親子関係

いじめ・ハラスメント

強く叱られた・脅かされた

印象に残る失敗体験

犯罪・災害被害

その他

「他人の眼」または「自己否定(「どうせ○○できない。どうせ自分なんて」)が基準になっていませんか?

そこには、過去のトラウマ的体験にもとづく「認知のゆがみ」の存在がおおきくかかわっている可能性があります。

(「トラウマによる影響」の図)作成中

次のページは…問題の本質と向き合い自分も人もいたわるには

|  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

まずお電話かメールでご連絡ください

カウンセラー小村緩岳TEL 082-879-0170 
携帯090-6832-6695

メール→メールでのお問い合わせ(メールフォーム)

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお尋ね下さい。


ページトップに戻る