研修会情報

研修会情報

中・四国心理相談員会主催 令和元年度 定例研修会

第三回定例研修会

支援者のためのからだとこころのつながりについて ~動作を通したストレスマネジメント体験~

【会 場】広島市安芸区民文化センター

【期 日】令和元年9月7日(土)14:00~17:10

講 師

広島大学大学院教育学研究科 心理学講座 教授

服巻 豊 先生

研修概要

こころとからだのつながりと,身体を通したストレス対処法について講義します。まずストレスとストレス反応について学び,参加者同士でストレス対処法について色々な方法を共有します。次に,「動作を用いたストレスマネジメント法」の実技を行うとともに,その前後で心理尺度を用いて心理的変化の確認をすることによって,参加者自身が効果を実感する体験をしていただきます。

第四回定例研修会

カードゲームを使ったメンタルヘルス研修

【会 場】広島市安芸区民文化センター

【期 日】令和元年11月16日(土)14:00~17:10

講 師

広島産業保健総合支援センター相談員  瀬野川病院精神科 医師・産業医

冨田 洋平 先生

研修概要

近年「ゲーミフィケーション」の考え方を取り入れた体験型の研修ツールが開発されてきております。その中で,カードゲームを用いて楽しくメンタルヘルスについて学ぶことができるツールとして,東京大学職場のメンタルヘルス(TOMH)研究会で開発された,「カウンセリングの極意」「わくわくジョブクラフティング」の2つを紹介します。3・4人グループで実際にゲームを体験してみましょう。(※研修内容の都合により定員40名です。)

第五回定例研修会

【講演】 認知行動療法とコンパッション(慈悲)

  • 期日  令和2年2月15日(土)14:00~17:10
  • 会場  広島市安芸区民文化センター
  • 定員  80名
  • 参加費  会員2,000円 非会員4,000円

講師

中・四国心理相談員会会長
広島心理教育研究所代表
小村 緩岳 先生

研修概要

コンパッションとは「慈悲」を意味します。近年,コンパッションを高めることが,うつや不安の軽減に効果がある可能性が見出されつつあります。マインドフルネスやACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)とも相通じるところもあり,認知行動療法に組み込むことでより効果的な心理的支援が期待されます。今回は,コンパッションに焦点を当てた心理教育や,そのやり取りの実際について事例を交えて学びます。

シェアする

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

お電話はこちらまで

 TEL. 082-879-0170
(お電話の場合,「はい,小村です。」と個人名で出ますのでご了承ください。

メール・ネットご利用はこちらから

  お問い合わせフォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
  ご予約フォーム googleフォーム(SSL暗号化技術に対応しています。)
 RESERVA予約システム(SSL暗号化技術に対応しています。)

RESERVA予約システムから予約する

上の予約ボタンをクリックしますと、予約受付システムが開きます。空き状況が確認できますので、都合のよい日時を選択して速やかな予約ができます。どうぞご利用ください。