地域の活動に癒しを見た


こんばんは。
 

広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette

代表・臨床心理士の小村緩岳です。


このところ、町内会の行事が多く、

役をいただいている関係で、

参加することも多く…。


一昨日はお祭りで、

その準備も含めて、がっつりと地域の活動

に参加してました。

Kimg0803

今の地域にきてまだ3年なので、

そんなに知っている人もおらず、


淡々と準備をするのみなのですが、

自分が準備にかかわったお祭りに参加するのは

初めてのことで、なにか充実感も。


なにしろ、「ゆるい」です。

昔ながらの地域が残っているので、

合理精神からはほど遠いのですが、

その緩さが、何か安心します。


今の世の中、急げ急げで、

何か強迫的に、「すべきすべき」で、

あくせくと余裕がない日々が続きますが、

なんとなく始まり、なんとなく自然とものごとが

積みあがっていくのは、何か不思議ですね。


この緩さと淡々さが、実は大切なのかも。


また、コミュニティに所属している、

という感覚も「安定感」をもたらすかもしれません。


行事にかかわることで、多くの人から

顔を覚えてもらえることもありますし、

なにより、子供をかわいがってもらえることが

ありがたいですね。


ボランティア精神で地域の活動にかかわること

は、こころにポジティブな影響を与え、

メンタルヘルスにもいいようです。


人とのかかわりが増え、

頼れる人が周りにでき、

能動的な地域貢献をはたす…


これらは、自己肯定感につながるのでしょうね。


もちろん、ストレスなこともありますが…。


メリットとデメリット…それも考え方

次第なのかもしれません。


ともあれ、

「癒し」には大いに役立った体験でした。

今日もお読みいただきありがとうございました。

「自分も人も大切に」

 広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette

Minnanoegao

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 広島ブログ
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー 心理 うつ 治す 治療 治し方 不安 メンタルヘルス 

シェアする

フォローする